2007年01月27日

新しい家族が誕生

我が家に新しい家族ができました揺れるハート
20070127 004.jpg

シェットランド・シープドッグクマ(通称:シェルティー)
カラー:トライ
生まれたのは、2006年12月4日

本当に運命的な出会いでしたぴかぴか(新しい)
ハリーを亡くしてから、私も嫁さんもテンションが低くバッド(下向き矢印)、元気を出すグッド(上向き矢印)ためにペットショップでワンコクマを見に行く機会が増えました
シェルティーのトライカラーの子がいないかと何度も探してみましたが、どのペットショップへ行っても見つからず・・・ふらふら
この私達の状況を聞いてくれたペットショップの店員さんは、早速シェルティーのトライカラーの子を探してくれましたるんるん
その時の情報では、中部地区には1匹もいないということがく〜(落胆した顔)セーブルの子ならいるそうでしたが、私達はどうしてもトライカラーの子に会えないものかと願って、ぴかぴか(新しい)ブリーダーに問い合わせてもらうことに
そして、要求した条件は以下のとおりでした。
・顔の輪郭が整っていること
・鼻から頭へ白色のラインが中心にあること
・胸から首の後ろ側まで、フルカラーになっていること
・かわいい男の子

その他、要求は厳しいGoodものでした。

ところが、約20日たった1/23に「ご希望の子が見つかりましたよ」との連絡電話が入りました最短で見に行く事ができるのは1/27(土)、そうハリーの誕生日バースデーの日なのです。ハリーが生きていてくれたら8歳の誕生日もうやだ〜(悲しい顔)
その記念すべき日に、まさか希望していたシェルティーのトライの子に会えるなんて・・・かわいいかわいいかわいいわーい(嬉しい顔)かわいいかわいいかわいい

そして本日、「小学生の頃の遠足に行く時のような気持ち」でワクワク、ドキドキしながらペットショップへ向かいました車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)
ペットショップのカウンターに連れてこられたシェルティーは、私達が希望した条件全てに当てはまり、本当に可愛い、ハリーにそっくりな子でした。この運命的な出会いに即決でしたひらめき
茨城から愛知まで来てくれた事で、風邪をひいているようですが、しっかり介抱しますということで、すぐさま我が家家に。

この子の名前は、すぐに決まりましたひらめき
名前は、「ハリソンでするんるん
去年ハマっていた海外ドラマTV「TRU CALLING」のイケ面俳優「ハリソン」のようにハンサムに、そして、ハリーのことをよく「ハリさん揺れるハート」って呼んでいたので、親しみやすいこともあり、名前を「ハリソン」と決めましたかわいい

我が家に到着してからの「ハリソン」の様子映画をご覧目ください。




ニックネーム aniki at 00:00| Comment(11) | TrackBack(0) | 愛犬紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月20日

こんな近くに「ふれあい王国」

ハリーを亡くし、元気がない顔(泣)嫁さんを元気づけるために、ペットショップへ行って、シェルティーがいないかと探し回っていました
しかし、最近のペットショップでは小型犬ばかりが販売され、シェルティーとお目にかかるには、近所で飼っている方と出会うしかありません。どうにか会えないものかとペットショップに相談したところ、中部地区でシェルティーを販売しているお店は1件もないようでした。ただしブリーダーに依頼できるので、入荷したら連絡すると言われました。
しかし、いつになるかは不明。
そこで、他に方法はないかと考えていたら、ふと、2003年6月に行った「わんわん王国」のことを思い出しました。「わんわん王国」は2005年2月に閉店してしまったので、他にないかと探してみると・・・・・なんとっexclamation×2弥富町に「ふれあい王国」があるではないですかっexclamation×2
こんなに近くにあったなんて・・・。
早速行ってみる事にしました車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)

そして、ワンコと触れ合える広場に・・・シェルティーがいたのですぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
20070113 014.jpg

そして、お散歩レンタルで「コリー」の“オミちゃん”をレンタルして20分間だったけど、一緒にお散歩しました。
嫁さんの顔は見せられないけど、とっても喜んですごく素敵な笑顔になりました。わーい(嬉しい顔)
20070113 020.jpg

さらに、イベントが開催されていて、ワンコや他の動物による「西遊記」劇まで見れて、本当に楽しかったでするんるん
ドッティーも楽しめましたよかわいい
20070113 016.jpg

帰りには、テレビTVで紹介されていたケーキの美味しいお店ミュゼ ドゥ アッシュ」にも行きました車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)
たくさんケーキを買って、さらにご満悦な嫁さんでしたわーい(嬉しい顔)
ニックネーム aniki at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | おすすめスポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月05日

ワンコ友達とドッグカフェ

実は、本日1月26日。投稿日時を変更して1月5日で投稿しております。
1ヶ月以上もブログの更新が途絶えてしまった・・・反省m(_ _;;
年末に、海外ドラマ「24(TWENTY FOUR)」シーズンWTVを観てからハマってしまい、暇さえあればレンタルでシーズンUを借りて観ていましたふらふら
現在シーズンVへ突入たらーっ(汗)
55679306.jpeg

さらに「TRU CALLING」にもハマってしまいました。
B0002XVKMM.09.MZZZZZZZ.jpg

ご心配していただいた方には、大変失礼なことをしてしまいました。
申し訳ございません。


これからはしっかりとブログを更新しようと思います。
せめて1週間に1回は・・・。

さて、1月5日を振り返り、ワンコ友達minakoさんとのりえさんと一緒にドッグカフェ喫茶店に行った時の話です。
訪れたドッグカフェ喫茶店は、「Golden Child Cafe」で、以前もドッグカフェのお店でした。新しい店となり、以前よりもメニューが増え、落ち着いた時間が過ごせるお店となっていましたわーい(嬉しい顔)
実は、3年前(前のお店)に嫁さんとハリーを連れて、クリスマスディナー
クリスマスを楽しんだお店なのです。てへっ(*/∇\*)

お店での様子をご覧ください。
20070113 003.jpg
どこでも私達と一緒に出かけることが、とてもうれしいドッティー

20070113 004.jpg
minakoさんがお出かけする時に連れて行く2番目?に大人しいプッカ
いつもはグリコさんだけど、今回はプッカちゃんが来てくれた。

20070113 011.jpg
いつも大人しく、そして「ポチくぅ〜〜ん」と言われると、とっても喜んでシッポをプリプリするキノちゃん
他にも名前が付いているそうなぁ・・・

そして、私達が食事したメニューです。
20070113 006.jpg
お店の中心にクッキーがたくさん置いてあったので、嫁さんがヨダレキスマークを垂らして注文しました。

20070113 008.jpg
minakoさんとのりえさんが注文したオムライス

20070113 009.jpg
私が注文した「ゴルチャカレー」
名前に惚れて注文しちゃいました顔(イヒヒ)

どれも健康を考えてか、少し薄味でした。
ケーキも食べちゃって、本当に満足した食事会でした。
また、みんなで行きたいと思います。
ニックネーム aniki at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ワンコと一緒に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月16日

ワンコは電車に乗れるのか?

公共交通機関をペット同伴で利用が可能なのか?
インターネットパソコンで調べてみたものの正確な情報が得られませんでした。私は、ここ最近、ペットクマと同伴できないお店には同伴不可のシールが店頭に貼られているので、貼られていないお店だったら問題ないと考えています。
そこで、念願だったペット同伴での公共交通機関(電車電車)の利用に挑戦しました。
念のため補足しておきますと、以下の点で問題ないと判断していたため、それほど心配はしていませんでした顔(ペロッ)
(1)遠い記憶ですが、公共交通機関をペットと同伴で利用する場合は、ゲージやバッグにペットを入れれば問題ないという情報があったこと。
(2)東京でペット同伴(もちろんバッグにワンコを入れている状態)の方を何度も見かけたこと。

そして、その挑戦の結果は・・・・・・・OKexclamation×2であります
正確に言うと、誰にも許可は得ておりませんたらーっ(汗)
ドッティーをバッグに入れて普通に乗っただけです顔(ペロッ)
向かった先は「栄」。行きは興味津々だったのか、ドッティークマは狭い空間であったものとても大人しく、乗車している方に気付かれなかった?ようです。さすがに近辺の方には気付かれていますが・・・たらーっ(汗)

帰りは疲れと電車の中が暑かったのかバッグの中で大暴れexclamation×2あせあせ(飛び散る汗)
やはりドッティーには、バッグが小さくて窮屈すぎたかなexclamation&question
20061216 007.jpg

20061216 008.jpg
少し吠えちゃったけど、気にしないフリ?をしてくださった乗客の皆様ありがとうございまするんるん

そして、更なる挑戦として、「Loft」への入店を試みました
さすがにドッティーもバッグの中でいつまでもじっとしているわけもなく、「Loft」ではずっと抱っこしたまま買い物を楽しみました
20061216 002.jpg

店内ですれ違う方々誰もが、
・わぁ〜〜かわいいぃ〜〜揺れるハート
・ぬいぐるみみたいぃ〜〜かわいい
・飼い主さんとお揃いの服を着ているぅ〜〜ぴかぴか(新しい)
と黄色い声援?を浴びてanikiは幸せでしたぁ〜〜〜〜かわいいわーい(嬉しい顔)かわいい

しかぁ〜〜しexclamation×2ここで一つ言っておきたい事がありますexclamation
黄色い声援を送ってくれる美女達が注目しているのは・・・
(1位)ドッティークマ
(2位)ドッティーの服ブティック
(3位)ドッティーの服とanikiの服がお揃いであること(嫁さんが作ってくれた服なので)


あれっexclamation&questionanikiの顔が“かっこいいぃ〜〜”とか“あっ!目が合っちゃったぁ〜”とか・・・とかとかとか・・・がないではないかっexclamation×2

「あるわけねぇ〜〜だろっ!! ビシッ!!」by 嫁さん
そうなのである。あるわけがないのである。
生まれて30数年、一度も言われた事がないanikiが言われるわけがないのである。
それはさておき、ドッティーと店内で買い物ができたことにより、世間一般の方々がワンコをどのように感じ、また嫁さんの服を作る才能がどれほどすごいのかを知る事ができました

<世間の方々がワンコに対し感じていること>
ドッティー(ワンコ)を見るときの皆さんの顔を見ればわかります。
誰もが自分の赤ん坊や孫、彼氏、彼女を見るときのようなとってもとっても優しい表情わーい(嬉しい顔)で見てくれるのです
驚いたのは、今にも喧嘩を始めそうな表情の外見がとても怖いお兄さんも、同じようにとても優しい表情でドッティーを見てくれたことです。
外見は怖くても中身はとても優しい人なんだなぁ〜と感じました。
このように、世間の方々は、ワンコの前ではとても素直になり、誰もワンコを嫌っていないんだなぁ〜と感じました

<嫁さんの才能について>
ドッティーと一緒にいることにより、3名の方から声をかけられました
どなたもanikiとドッティーがお揃いの服を着ていることが気になったようです。“オーダーメイドするほどお金がないので、嫁さんが作ったんですよ。”と答えると、誰もが“すごいね!”“嫁さんに感謝しなさいよぉ〜”と言われました。作ってもらった時はとても感謝していましたが、普通に着ているうちに忘れがちだった感謝の気持ちについて、改めて考え直す機会となり、嫁さんには改めて“ありがとう”と感謝の気持ちを言いました
また、裁縫したことのないanikiにとって、服を作る事のすごさがわからなかったのですが、嫁さんの才能がすごいということ、服を作ることの大変さを知ることができました
声をかけてくれた方に感謝しなければなりませんね

さて、買い物も終わり、外はいつのまにか暗くなっていました夜
栄では、クリスマスシーズンもあってネオン輝くぴかぴか(新しい)町並みになっていました。
20061216 003.jpg

買い物疲れとドッティーにお水を与える必要があったので、カフェ喫茶店を探す事に。栄でドッグカフェを見たことがなかったので、テラス席を設けているカフェへ行きました。
テラス席ならOKとの確認をして、ホッとひといきいい気分(温泉)
20061216 005.jpg
(やっとここでお揃いの服がお披露目できましたね)

ドッティークマは、嫁さんからもらった生クリームで口のまわりをベタベタに・・・たらーっ(汗)
20061216 006.jpg

とても楽しく、新たな挑戦により行動範囲が広まったaniki家でした。
それから、人間とはコミュニケーションにより、お互いに様々なことを学び、様々なことに気付かせてくれることを学んだ1日でもありました。

もちろん、このブログでお知り合いになった方々からも多くのことを学び、いつも助けられているんですよ。
いつもありがとうございます。
ニックネーム aniki at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | ワンコと一緒に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

ハリーのお墓が届きました

注文していたハリーのお墓が届きました

20061215 005.jpg
ハリーが写っている写真を送り、彫っていただきました。
とっても笑顔で可愛いんですよハートたち(複数ハート)

20061215 004.jpg
お墓の全体像です。幅30cm×奥行き21cm×高さ13cmで、お部屋におけるお墓なのです。

20061215 006.jpg

20061215 007.jpg
お花を活けて、黒壁スクエアで購入したお線香立てを添えました。

20061215 008.jpg
我が家で愛用している「ハートフラワー」さんで選んでいただいたお花です。とっても綺麗です。

ハリーが亡くなってから、お骨をお骨入れに保管し、居間やベッドと毎日移動させながら、声をかけてきました。
毎日移動したり声をかけたり、ハリーも落ち着いて眠れなかったと思います。

これからは、本日届いたお墓にお骨を納め、定位置に置く事なります。
ハリー、これで少しは落ち着けるのかな?それとも今まで通り一緒に移動した方がよかったのかな?
でも、お骨入りペンダントを肌身離さずつけているから許してくれるよね?

ハリーのこと絶対に忘れないから安心して眠ってね。
以前あやママさんからのコメントで、「ワンコにとっては、今までの生活と何ら変わりはない」と教えていただいたので、安心して眠るということもないかもしれませんね。いつも一緒にいてくれるのですからわーい(嬉しい顔)
ニックネーム aniki at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | メモリアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月11日

ペットの飼い主マナーについて

ここ最近、ワンコと一緒に行けるお店が増えてきました手(チョキ)顔(イヒヒ)その反面まだまだワンコの入店が許可されないお店もありますもうやだ〜(悲しい顔)
我々愛犬家にとって、ワンコは家族の一員ですexclamation×2しかし、家族の一員のワンコが世間からは認められない存在でもあります顔(泣)
それはいったいなぜなんでしょうexclamation&question
特に“衛生面”という決まり文句が多く聞かされます。
しかし、それは、ワンコだけでなく人間にだって言えることではないでしょうか?
子供だって大人だって
・トイレで手をしっかり洗っていない人はいませんか?
・お店に行くまでに触った物は清潔だったでしょうか?
・あなた達が座ったベンチは本当にきれいだったでしょうか?
といろいろあげれば人間だって衛生面で問題なのでは?

何はともあれ、人間とワンコの違いで言えば、人間の言葉が理解しやすいかどうかです。
ワンコが人間の言う事をしっかり理解できるようにしつけができていれば子供と同じではないだろうか。
そして、しつけだけでなく、マナーについても飼い主がしっかりしてさえいれば、ワンコは世間から認められるのではないでしょうか

そこで、飼い主のマナーについて、私が普段からなんとかできないかと思っていることを書きます。
それは、ドッティーと一緒に行く散歩コースで、ワンコのフンが放置されたままであることです
そして、それは他の飼い主さんにも悪影響になっています。
“他の人も同じなんだ”“この場所なら大丈夫なんだ”など・・・
飼い主が誰でもワンコのフンの始末をしっかりすれば、誰からもワンコが認められるのです。
私は、「ペット用ウンチ袋」を愛用しています。
どこへ行くのにも持ち歩いています。
特に愛用しているのは、












です。

一番最初に紹介した「ポイ太くん」にいたっては、ペット博だったか・・・の展示会で、50枚入りを100円で400枚ほど購入し、約1年間使用することができました。
本当に便利で、重宝しています。
このブログを見ていただいた方で、飼い主のマナーを考えていただける方が見えましたら、是非お使いください。
別に購入しなくても、トイレットペーパーとビニール袋を持参して散歩にお出かけ下さい。
ニックネーム aniki at 00:00| Comment(10) | TrackBack(1) | 飼い主のマナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月09日

Pou&douへ行ってきました。

ここ数日、嫁さんが風邪をひいて寝込んでいたふらふらので、ドッティークマの散歩がほとんど行けていませんでした顔(汗)
ドッティークマの様子からストレスが高まってきているのがわかったので、土曜日には絶対に散歩へ連れて行こうと張り切っていたのですが、あいにくの雨雨・・・たらーっ(汗)
そこで、屋内ドッグランのあるドッグカフェ喫茶店をネットパソコンで調べたところ、近場で1件見つけました。「Pou&dou」というドッグカフェ喫茶店です。
店内は、カフェ・グッズショップ・トリミング・ドッグラン・ホテルが完備され、とても広く雰囲気のよいお店でしたわーい(嬉しい顔)
ドッグカフェでの一面カメラをご覧目ください。

20061210 003.jpg

20061210 005.jpg

20061210 007.jpg

なお、ドッグランダッシュ(走り出すさま)の様子は、ドッティークマとハシャギ過ぎて忘れてしまいました・・・顔(汗)

カフェのメニューが少ないのが残念でしたが、注文したラテはとてもおいしかったので、また週末に天気が悪かったらドッティーを連れて行こうと思います。
ニックネーム aniki at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ワンコと一緒に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月03日

minakoさんとドッグカフェ

minakoさんとグリコ犬(笑)ちゃんと一緒にドッグカフェ喫茶店『PETRA』に行きました車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)

私達だけでなく、グリオ?犬(笑)さんとドッティークマにも、とても美味しそうなおやつレストランを注文しました。
20061203 007.JPG

とてもワンコクマのおやつとは思えないほどのお料理レストランでビックリしました。

そして嫁さんが注文した料理はこちらです。
20061203 011.JPG

このスパゲティーがとても美味しかったので、私とminakoさんのオムライスを撮影カメラすることをすっかり忘れてしまいましたふらふら
さすがに食べかけの映像カメラはダメですよね顔(ペロッ)

そして、ドッティーの食べっぷりグリオさんは、こんな感じでした。
20061203 009.JPG

20061203 012.JPG

グリオさんは、本当に大人しくて「存在すら忘れる」ほどでした。
あいかわらずとても可愛くてとろけちゃいそうでした。


私達もワンコ達もとても満足したひとときを過ごしました。
とても気に入ったPETRAさんの概観を思わず撮影カメラしてしまいました。
夜、外から見たお店の雰囲気は、とても綺麗でしたぴかぴか(新しい)
20061203 016.JPG

ビデオカメラの設定を変更して、もう一枚。
20061203 015.JPG

PETRAさんには、また行きたいと思います顔(イヒヒ)
今度は、ワンコ連れで地下鉄電車に乗ることに挑戦るんるんです。
(東京ではごく自然な光景ですが、名古屋ではいかに!!)


ニックネーム aniki at 00:00| Comment(8) | TrackBack(0) | おすすめスポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月02日

ハリーのお骨入りペンダントが届きました。

先月掲載した「永遠に忘れられないハリーちゃん」で紹介したグッズの『ペンダント』が届きました。
夫婦お揃いで「コバルトブルー」と「スカイブルー」の2つを注文し、それぞれその色の中に白色が混ざっているのがわかり、ハリーの存在を感じました
これで、またハリーと一緒にいられる事を実感し、とても嬉しく思います。

20061203 002.JPG

20061203 005.JPG

20061203 006.JPG

このペンダントの製造工程もA4サイズ資料に写真カメラ付きで説明していただいたんですよ。本当にハリーのお骨が混ざっていることがよくわかりましたぴかぴか(新しい)

あと『お墓』と『ファー・ペット』がとても楽しみですわーい(嬉しい顔)
ニックネーム aniki at 00:00| Comment(7) | TrackBack(0) | メモリアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月20日

永遠に忘れられないハリーちゃん

ハリーとお別れしてから、約2週間が過ぎようとしています。
ハリーの遺体は、次の日の11月8日に火葬させてもらいました。
火葬する前に、ハリーの存在をいつまでも感じていられるグッズはないかと、インターネットで様々な商品を探しました。
そして、見つけた商品が次の3点です。
・ペットの本物の毛から人形を作る「ファー・ペット」
・室内に置ける「ペットのお墓」
・ペットのお骨を使った「ペンダント」

初めて知った商品ばかりで、世の中には様々な商品があるものだと感心しました。
そして、火葬についても新たなプランがあることを知りました。
なんと「出張火葬」というプランです。
火葬がどこでも何時からでもできるのです。
我が家では、ハリーが毎日走り回っていた矢田川の堤防(思い出の場所)で火葬してもらいました
火葬を担当していただいた方は、とても丁寧に作業してくださり、夜20時から23時までと、とても寒い中、とても親切にしていただきました。
本当にありがたかったです。
minakoさんとはやしさんも、ハリーとのお別れに駆けつけてくれて、お花やケーキまで買ってきてくれました。
本当に感謝しています。
火葬が終わり、お骨上げでハリーのお骨を受け取ってから、やはり家の中は、これまでと違って物足りなさを感じます。
ハリーの笑顔、ため息、声、匂い、温かさがそこにはない・・・。
でも4年間と短い時を共に過ごしてきて、ハリーの笑顔、仕草は、この目に焼きついているのです。いつもふと足元をみれば、“とてもかわいい笑顔を見せてくれるハリー”がいつでも見える。(正確に言えば想像の世界で思い浮かぶ)
そして、この手、この体にハリーを触っていた感触が残っているのです。横になれば、ハリーを腕枕して眠っていた時の感触、温かさを鮮明に感じることができる。手のひらには、ハリーの毛の感触を鮮明に感じることができる。

たった4年間ではあったけど、こんなに自分の体がハリーを感じていたんだなぁ〜と実感しました。
そして、この体は、ハリーを永遠に忘れないと思いました。
これから、インターネットで見つけた各商品を注文し、さらにいつでもハリーと一緒にいられることを実感します。
どの商品の担当者も、とても親身になってくれて、どの方も“心を込めて製作します”と言ってくれます。
良い商品が出来上がって手にすることを楽しみにしています。
ニックネーム aniki at 00:00| Comment(7) | TrackBack(0) | メモリアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする